マジック・オリジン/ジェイス・ベレレン『巻き返し』

マジック・オリジン/ジェイス・ベレレン『巻き返し』

公式サイト
マジック・オリジン「巻き返し」(2015年7月22日)
Kelly Digges / Tr. Mayuko Wakatsuki / TSV Yohei Mori

原文はこちら

 

前回の物語:マジック・オリジン/ギデオン・ジュラ『限界点』

 

ストーリーは所々割愛して紹介しておりますので、詳しく小説を読みたい方は公式サイトをご覧ください。

マジック・オリジン『巻き返し』のあらすじ

ジェイスの毎日


束縛なきテレパス、ジェイス》 アート:Jaime Jones

プレインズウォーカーであり、精神魔道士のジェイス・ベレレンはラヴニカ調停者であり、生けるギルドパクトとして数々の問題を背負ってきた。
ジェイスは今日も多くの仕事をこなし、部屋にある机へと倒れ込んだ。

 


第10管区のラヴィニア》 アート:Willian Murai

ジェイスの行政官であるラヴィニアといくつか言葉を交わした後、休息を取ることを促されたジェイスは自身の住居へと向かった。
住居へと続く秘密の玄関口は、ジェイスとラヴィニアしか知らず、開け方はジェイスしか知らなかった。

 


ジェイスの聖域》 アート:Adam Paquette

ジェイスには従者はおらず、住居は彼1人しかいなかった。
時折幻影を呼び出し掃除させるぐらいのこの住居は、図表、進行中の計画や食べかけの食事で散らかっていた。

 

 

ジェイスの元にリリアナが訪れる

そんな時、第七地区のどこかの扉を叩く音が聞こえた。
注意深く様子を伺うと、その先にいたのはリリアナだった。

 


反抗する屍術師、リリアナ》 アート:Karla Ortiz

リリアナとジェイスは過去、恋人同士であった。
しかしそんな彼女に弄ばれていたと知ったその日から、彼女と会う約束を無視し、恋い焦がれないように努め、会うことをやめていた。

ジェイスの住居に入り込み、久しぶりの再会を果たしたリリアナはジェイスの反応を楽しむように言葉を交わす。
過去にリリアナに欺かれたことがあるジェイスは、彼女に疑念を抱きながら「どうやって俺を見つけたのか」と聞く。

高いお金でスパイを雇ったのだという。

 


ガラクの目覚め》 アート:Chase Stone

その話の流れで、野生語りのガラクについての話もあった。
リリアナとガラクの間に諍いがあった。

「野生語りのガラクに何をした?」と聞くジェイス。

 


魂の貯蔵者、コソフェッド》 アート:Jakub Kasper

遥か古代のアーティファクトであり、強力で邪悪な「鎖のヴェール」というもの。
悪魔の債権者であるコソフェッドが、リリアナに「鎖のヴェール」を探すよう命令をしていた。

リリアナは、それを利用して自由を手に入れようと考えており、この時点ですでにリリアナは悪魔を2体は倒していた。

しかし、鎖のヴェールは呪われていた。
1つの魂が持つには大きすぎる力であり、強くない者であれば使用者をも殺すほど。

 

諍いの末、ガラクはその呪いによって怪物、悪魔へと化そうとしていた。

最終的にリリアナは鎖のヴェールを手に入れることができた。
その話を聞いた後、ジェイスはリリアナのここに来た目的を聞く。

リリアナはジェイスとの関係をやり直したいと言う。

ジェイスはそれは遊戯であると気付きながら、それを了承しなければ何らかの揉め事に巻き込んでくるだろうと感じた彼は、その遊戯に乗ることにした。
リリアナは、2人で夕食を食べに行くことを提案した。

 

 

 

Advertisement

高級料理店へと向かう2人


アート:Dave Kendall

腕を組んで高級料理店へと辿り着いた2人。
ワインを飲みながら、ガラクについて話をする。

 


鎖のヴェール》 アート:Volkan Baga

その流れで、彼女は鎖のヴェールをジェイスに見せた。
不自然に輝き、魅惑的で危険なそのヴェール。

ここでジェイスは、なぜ彼女が来たのか理解することができた。
彼女が何かを言いかけた時、それと同時に長身で幅広の男性がジェイスに助けを求め料理店に会いに来ていた。

 

ジェイスはその彼のことは耳にしていた。
規則正しさを持ってラヴニカの次元を行き来しているプレインズウォーカーがいると。

 


正義の勇者ギデオン》 アート:David Rapoza

その名はギデオン。

勤務時間外であるから後日に・・・と言うが、ギデオンは「ゼンディカーの件である」とジェイスに伝える。
ギデオンは、数時間前にあった事件、ゼンディカーの海門が破壊されたことを伝える。

 


テレパスの才能》 アート:Peter Mohrbacher

エルドラージとの戦いの突破口である、『力線の謎』と呼ばれる謎を一緒に解いてほしいとジェイスに頼む。
謎を解くことに定評があるジェイスに。

 

エルドラージはジェイスの責任でもあった。
ギデオンと共に解決をすると決意するジェイス。

ジェイスとの会を邪魔されたリリアナは怒り料理店を出て行こうとしてしまう。
そんな彼女を引き止め、一緒に来てほしいと言うジェイス。
君の力を怪物と戦うために使ってほしい、ギデオンは君の味方になってくれるかもしれない、と。

嫌、と突っぱねるリリアナ。
翌朝までいる、考えていてほしいと伝えるが、リリアナは踵を返し歩き去ってしまう。

 


アート:Michael Komarck

ギデオンの元に戻るジェイス。
ギデオンはすぐにゼンディカーに向かおうとするが、傷を追っているギデオンに対しジェイスは朝まで癒し手の元で休めと伝える。
自分も仕事の引き継ぎをしなければならない。

そのジェイスの言うことを聞き、癒し手の元へ連れて行ってもらうことに。
そして、ジェイスはエルドラージのことを全て教えてほしい、とギデオンに伝える。

 

 

マジック・オリジンカテゴリの最新記事