リリアナの「オリジン」:第四の契約

リリアナの「オリジン」:第四の契約

公式サイト
リリアナの「オリジン」:第四の契約(2015年6月17日)
James Wyatt / Tr. Mayuko Wakatsuki / TSV Yohei Mori

原文はこちら

 

ストーリーは所々割愛して紹介しておりますので、詳しく小説を読みたい方は公式サイトをご覧ください。

『リリアナの「オリジン」:第四の契約』のあらすじ

兄であるジョスを治療するためにイーシスの根を探しに


アート:Chase Stone

リリアナは、ドミナリアのベナリア出身、地方支配者の将軍の娘。
父の敵の攻撃を受けた兄ジョスを治療するために、師匠であるアナ夫人からイーシスの根探してくるよう命じられる。

 


アート:Karla Ortiz

リリアナにとっては歩き慣れたカリゴの森、しかしこの夜は森は戦場となっていた。
死の絶叫と鴉たちの皺枯れた声が飛び交うこの森、兄のためリリアナは覚悟を決めイーシスの根を探しに森を進んでいく。

 

 

「鴉の男」との出会い


アート:Chris Rahn

ふと見ると、目の前には父の支持者であると主張する見知らぬ男。
その男から、イーシスの根は皮魔女どもが焼き払ったと教えられる。

急ぎイーシスの根を求め先に進むと、そこには屍が地面に散乱していた。
イーシスの根が焼き払われたことに絶望するリリアナ。

そんなリリアナに「他の方法がある」と伝える見知らぬ男。
「君はその方法を知っているだろう」と。

 


アート:Bastien L. Deharme

リリアナは、アナ夫人の元で癒し手として忠実に学びながらも、死の操作がリリアナの治癒能力を強化すると思い、生と死を扱う魔術を学んでいた。
イーシスの根を使うよりも更に強力なものを君は作れるだろうとリリアナをそそのかし、男は姿を消した。

 

 

 

 

Advertisement

皮魔女たちとの戦いの末、イーシスの根よりも強力な薬を手に入れる

その言葉にリリアナは決心したようだった。
皮魔女たち、敵は6体。
そんな皮魔女たちをリリアナは呪文で打ちのめす。

そこで手に入れた、イーシスの根よりも強力な薬となるであろう、皮魔女から奪った命が吹き込まれたしなびて黒ずんだイーシスの根を手に入れ、父の館を目指しジョスの元へと帰る。

 

そのしなびたイーシスの根は黄金色に輝く水薬となった。
リリアナが館へと戻ると、召使いたちは急ぎ駆けつけた。

 


アート:Izzy

リリアナが持っていた薬を見た師匠であるアナ夫人は、顔をしかめそれはイーシスの根ではない、それを与えるのをやめなさいとリリアナを止める。
しかしその忠告も聞かず、リリアナは兄であるジョスに薬を与える。

ジョスは落ち着きを取り戻したかと思いきや、彼は急に腐敗しゾンビへと姿を変えた。
そして自分自身のそのような姿にジョスは錯乱し、リリアナを襲おうとする。

兄の激しい暗黒の衝撃波がリリアナを襲い、それた衝撃波が召使いたちにあたり屍となっていった。
リリアナは、そんなジョスを作り出してしまった恐怖を見るに絶えず、死が彼女を迫った時リリアナにプレインズウォーカーの火が灯った。

 


アート:Izzy

身を守るためリリアナは召使いたちをゾンビにし、召使いたちにジョスが襲ってこないように命じた。
そしてリリアナ、ジョス、ゾンビたちは館を去った。

 

そこから一世紀以上経って・・・

そこから一世紀以上が過ぎる。
この期間、リリアナは何十年にも渡って数えきれない次元を渡り歩き、気まぐれに力を振るい過ごしていた。

 


アート:D. Alexander Gregory

ある日、あることを理由にリリアナは強大なドラゴンであるニコル・ボーラスと再開をする。

2人はプレインズウォーカーであり、かつては不老不死であり事実上全能の能力を持っていた。
しかし、多元宇宙そのものが形を変え、彼らの力を奪う「大修復」と呼ばれる変革が起こっていた。

リリアナは魔力の断片でも取り戻せないかと奮闘するが、それは叶わなかった。
かつては美しい姿をしていたが、今では顔には皺が寄り、引きつり、老婆のよう。

 

リリアナはかつての力、若さ、強さを取り戻すため、リリアナの魂を対価に4体の悪魔と契約を結ぶことに。
ニコル・ボーラスはその彼女の望みを叶えるため、悪魔が待つ次元へと導くのであった。

 


アート:Tianhua X

4体目の悪魔は、太くうねった尾を持ち、肩にはボロボロの翼、口からは蛇のような舌を見せるコソフェッドと言う名の悪魔。
そのコソフェッドとの契約を行い、リリアナは若さと更なる強大な力を手にいれる。

 


アート:Karla Ortiz

マジック・オリジンカテゴリの最新記事